冬場は腰痛になりやすくて辛い

冬場は腰痛になりやすくて辛い

冬場の寝起きは腰が痛くて起きれないです。布団もたくさんのせていると持ち上げることが辛いです。床が冷えていると余計に腰が冷えて痛いです。重たい布団と冷たい床に挟まれた日は本当に起き上がれません。
昔、ぎっくり腰になったことがあり、接骨医院で教えてもらった楽に起きる方法は横向けで起きることです。確かに横向けで起きるととても楽でした。
ぎっくり腰が治るまでは横向きで起きるようにしました。今は上向きで起きていますが、腰に負担がかかります。個人的に無理に起きても腰が痛いと思ったので起きるときは部屋を暖めます。
暖房やヒーターや勝手につくタイマー機能があれば起きる一時間前くらいから部屋を暖めたいです。タイマー機能がないので手元にエアコンのリモコンを置いたり、カーペットのスイッチの近くで寝ています。
少し熱めに温度設定をすれば二度寝することなく、熱くなり目を覚まします。腰の痛さもほとんどないです。腰どころか肩こりも楽です。
腰が痛くなったりぎっくり腰になる原因は筋肉がないこと思っています。筋トレをした翌日は腰が楽です。筋トレをしていないと腰が痛くなってきます。
冬場は筋トレをした方が良いです。汗もかかないので筋トレをしたほうが痛みもなく、冬場だからか筋肉痛もこないです。筋トレをしている方がこりもほぐれて全体的に体の痛みがありません。
腰痛にならないようにしないと、腰の痛みをかばうほど膝に負担がかかったり背筋が悪くなったり痛くなります。

肌荒れ